よろず同人サークル アルファブランドAlpha brand

メンバーブログ

武器ジェネレータ

投稿: @ 2008年07月07日 - 16:15:55
カテゴリ:ゲーム

とある所で見つけたサイト『武器ジェネレータ』
http://genzu.net/buki/
名前を入力すると武器にしてくれます。
有名らしいので知ってるかも知れませんが…。

ちなみに「シュウリ」でやると…

シュウリのシユムリンソード (攻撃力:7)

………平均的な攻撃力が25らしいですw
しかも何か形が卑猥ですし。

ホント、ネットには色々転がってます。

【イベント】クリエイター見本市 東京コンテンツマーケット2008

投稿: @ - 10:53:06
カテゴリ:まんが,アニメ,カルチャー,ゲーム,萌え系 タグ:

アニメやゲーム、CG、映画、キャラクターなど、幅広いコンテンツのクリエイターを紹介する東京コンテンツマーケット2008(TCM2008)の開催日程が発表された。
今年は10月27日から28日の2日間、東京の六本木ヒルズ森タワー六本木アカデミーヒルズ40で開催される。また、7月2日からは、出展者の募集も開始している。TCM2008は、秋に行われるコ・フェスタ(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)のオフシィシャルイベントのひとつである。様々なイベントが集まるコ・フェスタのなかで、中小のコンテンツクリエイター・企業の振興やクリエイターの人材発掘の役割を担っている。
特に昨年から東京国際映画祭と連動したかたちになっており、世界のトップクラスのクリエイターと未来の才能が出会う場を目指している。

開催期間中は、クリエイターの総合見本市というコンセプトで様々な企画が設けられる。コンテンツクリエイターによるブース出展をメインに、シンポジウムやTCMアワードの選出などコンテンツビジネスの活性化を目指す。
今年で7回目を迎えるが、昨年は出展企業・クリエイターは全80ブース、およそ2000名の来場者で賑わった。2008年も多数の来場者が期待出来そうだ。

7月2日に募集を開始したのはこのブース出展者である。出展は無料だが事前に審査があり、コンテンツの独創性や娯楽性(エンタテインメント性)に加えて、市場のニーズの有無やメディア展開が可能かといったビジネス的な発展性があるかどうかも重要なポイントになる。
出展のための競争率は低くはないが、それだけに新進クリエイターの最新のトレンドが集まっている。TCMアワードの受賞者や出展者のコンテンツが、その後ビジネスに発展するケースが増えている。
出展クリエイターにとってはビジネスパートナーを探す機会、来場者にとっては新しいコンテンツとビジネスのシーズを見つけるチャンスと言えるだろう。

東京コンテンツマーケット2008 http://tcm2008.smrj.go.jp

開催日時: 2008年10月27日11時~17時/28日10時~17時
会場: 六本木ヒルズ森タワー「六本木アカデミーヒルズ40」
主催: 独立行政法人中小企業基盤整備機構 関東支部
共催(予定): 中小企業庁、関東経済産業局
協力: 第21回東京国際映画祭実行委員会、首都圏情報ベンチャーフォーラム
後援(予定): 株式会社GDH、ジャパン・デジタル・コンテンツ信託株式会社

ソース

なんか、こんなのやってるんですね。初めて知りました。
まだ結構先ですが、これは行かないとですね。
一応、コンテンツビジネスっぽいのもやってるんで勉強してきます。
平日なんで、仕事中にいけますね。しかも、六本木ヒルズって歩いて5分で行ける!!

誰か他に行く人って居ますか?(平日だから無理か?)

モンハン・・・アルビノ霜降りゲットしました。ガノ亜強すぎ?

emoはじめました。

投稿: @ 2008年07月04日 - 17:47:27
カテゴリ:まんが,カルチャー,萌え系

ちゆりさん所に貼ってあったのを見て付けてみました。
サイドバーの下のほうにありんこ。

それだけです。

とりあえず、サムライです。橘右京(修羅)です。たぶん、ツバメ返しとか六連とか残像踏み込み切りとか出来ます。
口癖が普通ではない感じですが、どっちかと云うと、タケツカ君っぽい?
いや、俺は平凡パンピなんで・・・

RSSが微妙にヘタレなんで読まなかったりするかも(ワードプレスの吐き出すxmlの所為か?)

 とにかく、アルビノの霜降り出せ!!(山梨・意味梨・落梨)

明日は新刊用のネーム書きます~。ネムイときこそネーム。
まじで、眠死にしそうだ。あと1時間半頑張ろう。

かゆ・・うま・・・・

極秘依頼樹海の迅竜!

投稿: @ 2008年07月03日 - 13:37:03
カテゴリ:ゲーム タグ:

って感じで?モンハンです。

ナルガクルガ狩ってきましたよ。2死してかなりやばかったけど、最後は、ネコ囮にして、ネコが潜ったらエリア移動してネコ待って、また行く。
ナルガクルガがエリアの出口付近に来たらチャンス!!数回きりつけて、コッチに気付く前にエリア移動。少ししてまた切りつけて移動。
時間かかったけど、無事に捕獲できました。

集会所は、ガノトトス亜種を一匹狩れば、★★★★★★★★。最近は、弓も使って頑張ってます(ガノトトス&バサルモス対策)。

そろそろ、上位の防具そろえないと厳しいかな・・・もうスグG級(気が早い)だし!!

橋下“人件費削減”発言に9割反発

投稿: @ - 12:32:51
カテゴリ:カルチャー

大阪府の橋下徹知事がまとめた府政改革案「大阪維新プログラム案」について、府職員の6割以上が賛成する一方、今年度総額1100億円の収支改善額については、6割以上が「妥当な額ではない」と反対していることが2日、与党会派の府議が府職員に実施したアンケートでわかった。総額345億円に上る職員の人件費削減が影響しているとみられ、人件費カットををめぐる橋下知事の発言にも、約9割が反感を持っていることも明らかになった。

アンケートは、知事部局の職員の約1割にあたる1500人に無作為に送付。6月27日までに回収した688人分の回答結果をまとめた。

その結果、プログラム案については13・6%が「大筋賛成」、49・3%が「一部賛成」と回答し、「大筋反対」と回答したのは36・8%だった。

ところが、1100億円の収支改善額に質問が及ぶと、63・6%が「妥当な額ではない」と回答し、「妥当な額」と回答したのは8・5%にとどまった。

さらに橋下知事が、府民生活や市町村への補助の削減に踏み込んだプログラム案が各方面の理解を得るうえで、「職員の人件費の大幅削減が不可欠」と発言している点についても、妥当とする回答はわずか5・7%で、「始めに人件費削減ありき」「イメージアップに利用している」など、橋下知事の発言に反発する回答が89・9%を占めた。

そのほか、自由回答では「うちの部署では誰も知事のことを『知事』と呼ばない」など、人件費カットを中心に橋下知事への反感の意見が多数寄せられ、「水都の復活には大賛成」など、知事を支持する意見はごく一部にとどまった。

アンケートを実施した府議は「かつて知事と職員の意識がここまで乖離(かいり)したことがあっただろうか」と、感想を述べている。

産経関西

公務員は、倒産が無いから公務員になった人が多いと思う。知り合いがそうだった。
「能力無くても、年取れば給料が上がるから」「浮き沈み無く緩やかな右肩上がり。」
まあ、実際そうだけど。人のために働きたいって思っている役所の人がいれば見てみたいですね。

これは、俺が、公務員やっていた時に一番いやだと思った部分でもある。
明らかにやる気なくても、居ればお金がもらえる。その脇で一生懸命働いているやつが居る。もらえる給料は同じ。

>府民生活や市町村への補助の削減に踏み込んだプログラム案が各方面の理解を得るうえで、「職員の人件費の大幅削減が不可欠」
まあ、職員の給料減らしたところで納得するかは分かりませんが、逆に給料増えちゃうともっと反発するでしょうね。
銀行すらつぶれる(自業自得)この不景気の中、公務員は3年連続で給与のベースがアップしているらしい。
民間は不景気なのにね。潰れているところもいっぱいあるのにね。
政治家のファーストクラス(もちろん税金で練成されている)もビジネスクラスに変えるだけで何億っていう予算が削減できるらしい。

企業はお金が無くなれば倒産です。府はお金が無ければどうするんでしょう。職員に払うためだけに税金を納めたいやつは居ないでしょう?人件費が削られるのが普通ですよ。っていうか、他のどこから削れと。削れるところがあるんだったら、それを提案するべきでしょう。(してるかも知りませんが)代替案もなく、吼えているだけなら子どもと同じでしょ?

>イメージアップに利用している
してるか?

別に公務員を批判しているわけでは無いですよ?給料が下がって文句言うなっていうのも無理だと思う。
親戚にも公務員は居るし、公務員を頑張っている人も知っています。自分も短期間だけど特別国家公務員だったしw
ただ、民間企業だと、頑張ってても給料下がることは普通にあるし、年功序列で給料が上がるところはかなり減っています。
時代が変わっていることの理解が足りない人が多いんではないかと。

落書き:伊紙「あり得ない」 日本の厳罰処分に

投稿: @ 2008年07月02日 - 10:24:33
カテゴリ:カルチャー,事件です

【ローマ藤原章生】「教員、大聖堂に落書きで解任の危機」--。
イタリア・フィレンツェの大聖堂に落書きをした日本人が、日本国内で停学や務めていた野球部監督の解任など厳しい処分を受けていることに対し、イタリアでは「わが国ではあり得ない厳罰」との驚きが広がっている。

イタリアの新聞各紙は1日、1面でカラー写真などを使い一斉に報道。メッサジェロ紙は「集団責任を重んじる日本社会の『げんこつ』はあまりに硬く、若い学生も容赦しなかった」と報じる。

フィレンツェに限らず、イタリアでは古代遺跡はスプレーにまみれ、アルプスの山々には石を組んだ文字があふれる。その大半がイタリア人によるものだ。同紙は「日本のメディアによる騒ぎは過剰だ」と、日本人の措置の厳しさに疑問を投げ掛けた。
コリエレ・デラ・セラ紙も「行為はひどいが、解任や停学はやり過ぎ」と論評した。

一方でレプブリカ紙によると、大聖堂の技術責任者、ビアンキーニ氏は「日本の出来事は、落書きが合法と思っているイタリア人にはいい教訓だ」と語った。

毎日新聞

最近何かと話題の落書きですね。

新幹線に落書きしたやつもいて、運休したとか・・・。見つかったら賠償金すごいんでしょうね。早く捕まらないかな。

なんか、TVでいろんな国の人が話をしているのを見ましたが、いやあ、国民性って侮れないですね。
みんなの物だから自分のものでもあるって考え方?明らかにおかしいですよね。

日本も多いですよね。救急車を救急時以外に呼ぶとか。給食費を払わないとか。
結局、その補填は、税金や大企業でまかなわれているわけですが、そういう事出来る人は、たぶん税金もまともに(払えるのに)払って無いでしょう。

だから、みんなの物であっても、お前のものではない。

本来、みんなの物ってことは自分だけのものでは無い。国民共有の財産。って考え方だと思うけど、物は言いようって事ですねw
おっと。話が脱線しましたね。

停学とかよりも、ここは、実行犯に弁償させるって言うのが、いいのではと思います。
野球部監督がかわいそうですね。野球部監督って、野球の監督以外のことも求められるんですね。大変だ。

>落書きが合法と思っているイタリア人にはいい教訓だ
自分のもの以外に書く落書きは犯罪。イタリア人は家の前にウンコ置かれても気にしないんですかね?それとも、基地外の書いた落書きを訳も分からずアートだと思ってるんでしょうか?

あ、そういえば、毎日新聞って訴えられるんですかね?
低俗英語サイト問題で、毎日新聞に「法的措置」を実行予定の人

ココロ原稿あがりました。。。

投稿: @ 2008年06月30日 - 10:38:46
カテゴリ:まんが,同人誌情報,萌え系

お疲れさまです・・・

ようやくココロ本の原稿を上げました。
なんか、途中で細かな仕事が入ったりしたんで、異常に時間がかかりました。
出来は・・・今までよりはちゃんとかけているかも?ぐらいですね・・・
カラーも初めてだったし。

ここで、出来立てを一部分だけ公開!!

satoran001.jpg
ええ。お尻ですね。お色気シーンはこのコマのみになりました。
本当はもう少し行きたかったんですがね。
ポニ萌えサンの校閲が通らなければ、見納めになるコマです。

ここんとこ、会社の仕事も忙しくて、個人の仕事もチョコチョコあったりして、ブログも久しぶり鰤ですね。
基本的には、仕事中に書いていますが。いや。息抜きでね。働いてますよお~?たぶん。

今週から、ToHeart2AD本に入ります。
ページ数は・・・10P?いけるかなあ?会社休むかww

散財.comのツンデレ機能が無駄にすごい

投稿: @ 2008年06月26日 - 13:26:57
カテゴリ:萌え系

カフェオレ・ライター、散財.comのツンデレ機能が無駄にすごい(レビュー)

↑のレビューについては、転載すると長いので、リンク先で読んで頂ければ思います。

ボクはこの記事を読んで思わず散財.comを始めてしまいました(べ、別にツンデレが好きってワケじゃないんだからね!)。

散財.comという家計簿を付けられるSNSの話なんですが、家計簿を付ける際、買った物の情報を、サイトにメールで送信出来るサービスがあるんですね。
それの送信後に、要は「メール受付ました」的な確認のメールが届くんですが、そのメールの口調が選べるんです。
3パターンあります。

「散財ちゃん」「ツンデレ」「まねきニャンコ」。

「散財ちゃん」は普通?のただの女の子な感じ。
「まねきニャンコ」は「散財ちゃん」の語尾が「にゃん」になっただけな印象。
「ツンデレ」は上記二つと比べて文章量が倍くらいになるほど余計な文が引っ付いてきます。
ツンデレだけ無駄に手間を掛け過ぎだ。
家計簿に何も関していない文章なだけに、正に無駄です。
このサービスを作った人間はアホです。そして文章を書いてるのは男です(多分)。

でも面白い機能です。
これから先もっとバージョンが増えないかと期待している自分がいる。
今のところの3バージョンは、どうしても男性向けな気がするので、女性向けに男口調のバージョンもあったほうが良いと思うなぁ。王子とか。男だから使わないけどな。
まぁ、それより先に妹バージョンを早く作るのが良いと思いますけど、ボクのために

でも、物を買った場所とか、時間帯とか、こまごまと記録した挙句に、その内容を「全体に公開」にしてると、下手なブログより私生活が丸見えな気がします。(←丸見えにしてる人)

差別に対して過剰に反応する人たちが差別を助長する

投稿: @ 2008年06月24日 - 11:06:31
カテゴリ:カルチャー

先日、BPOに視聴者からの意見としてこんな意見が掲載されていた。「3の倍数と3のつく数字だけアホになる」というネタで有名な「世界のナベアツ」の芸が、障害者(おそらく知的障害者)や顔面神経麻痺の人を傷つけているというのだ。

【お笑い番組に出ている芸人の「3の倍数になるとアホになる」という芸は許せない。というより、これを「芸」と言ってはいけないと思う。スタジオではゲストも客席も「アホ」になった顔を見て笑っているが、これで笑うということは倫理的におかしいと思う。障害者の方々、顔面神経麻痺の方々の気持ちを考えたら、このような程度の低い笑いをテレビで放送することが適切か不適切かはすぐに分かると思う。放送局は、テレビを見ている青少年への影響も真剣に考えるべきだ。】

私はこの意見に興味をそそられた。それほどまでに苦情が出る顔、一体どんな顔をしているのだろうか? 私はこの「世界のナベアツ」という芸人の芸をこれまで見たことがなかった。くだらないバラエティ番組を見る暇があるなら、その時間を自分の趣味に費やしたいからだ。

しかし、このことを語るために見ないわけにもいかない。そこで、「世界のナベアツ」による芸の動画をいくつか鑑賞した。例の「3の倍数」の芸や、その他の芸も見たが、それなりに面白いと言えるものばかりだった。だが、これのどこに障害者との関係があるのだろうか?

「アホの顔」は、「変な顔をしている」とは思ったものの、「障害者の顔だ」とは思わない。そもそもこの芸は、キリッとした真面目な顔から、急に崩れた変な顔になるというそのギャップが面白いのではないのだろうか? アホの顔をそのまま出して笑いが取れるわけでもない。何かと組み合わせることによって「おかしさ」というのが出るのだ。この芸は、それがカウントだったというわけだ。

最近、こういった障害者を差別しているから云々という意見をよく耳にする。「しょうがいしゃ」という言葉も、「障害者」から「障がい者」に変わろうとしている。「害」という字に悪いイメージがあるため、本人や家族に不快感に与えてしまう恐れがあると言うのがその理由だ。私は思う、そこに何の意味があるのだろうか? と。

誰も障害者にはなりたくないし、本人たちも喜んでなったわけではない。文字をやわらげたところで、障害者そのものが持つイメージは変わらないし、このようなことが報道される度に、「特別扱い」されているというイメージがまとわりつく。この「特別扱い」が問題だ。

障害者差別を声高に叫ぶ人ほど、障害者を「特別扱い」する傾向がある。私は知人の女性から、駅で知的障害者の男性に抱きつかれたという話を聞いたことがある。驚いた女性は、その抱きついた人を力を込めて押しのけた。至極、当たり前の行動だろう。しかし、その男性の付き添いの方には怒鳴られたそうだ。「この子は障害者なのよ!」と。つまり、障害者だから許せというのだ。

差別をせず、平等に扱うということは、許すということではない。悪いことをしたときはそのことを叱り、正させる。良いことをしたときは、褒める。ただそれだけのことなのだが、これが許されない。悪いことをしたときは、障害者だから許せと言い、当たり前のことをしただけなのに、その当たり前を褒めるのだ。これが差別ではなくて何なのか。

これが悪いことだというわけではない。しかし、これこそが差別を助長させている原因だと私は考えている。目の前で「特別扱い」されている人を見せ付けられれば、『この人は自分たちとは違う人間なんだ』という意識が目覚めてしまう。差別をなくそうと、障害によるデメリットを見えなくさせようとすればするほど、それは特別扱いとなり、世間の人の認識は自分とは違うという差別へと向かっていく。

どのようなことをすれば良い方向に進むのか、それは私にも分からない。しかし、このようなことを続けていけば、心の中にある見えない差別はより強くなってしまうだろう。人の心から差別を取り去ることはできないが、それを弱めるような取り組みをして欲しい。今のような「特別扱い」は差別を助長するのだから。

livedoorニュース(動画あり)

子どもを中心にブレイクのナベアツ。
面白いか(俺は嫌いではない)どうかは別にして、はじめてみた時は、「障害者のモノマネだ」って思いました。
理由は、昔の先輩が「障害者のモノマネ」と称して、同じような一発芸をしていたからです。
自分以外の家族(子ども)は、ナベアツを見て無邪気に笑っているので、子どもには何も言いませんでしたが。
それは、そう見えるって誰かが言った瞬間からそう見えたりする事も多いからです。

しかし、昔から、お笑いってのは、過度に知能の低い人間を演じたりする(ボケ役)ことが多いと思います。
鳥居みゆきはまさしく基地外のモノマネですよね。
人気ドラマ古畑任三郎などは、殺された人の人権に付いては殆ど言及していません。犯罪者が知的で美しく見える場面も多々ありました。
アニメ一休さんも過度の描写はありませんでしたが、明らかに職業に対する差別が見られます。
その全てを「差別」って言い出したら、エンターテイメントはよりつまらないものになって行くでしょう。

結局、くじらはかわいいので殺して食べないでください。って言うのとやってるレベルは変わりませんね。

障害者に対して、「特別扱いしない」っていうのは、賛否両論だと思います。
俺自身は、差別は良くないが、区別は必要だと思っています。(微妙な言い回しですが)
特別扱いしない=無関心って事ではないんで。助けが必要な人には手を差し伸べないといけない。

第3の遷都キャラ「なーむくん」登場 仏教界が「擁立」

投稿: @ 2008年06月23日 - 10:41:06
カテゴリ:カルチャー,デザイン

また増えた。

http://www.asahi.com/national/update/0620/OSK200806200100.html

そして可愛くない。

このページの先頭へ